≫9/20 小説『あやかし薬膳カフェ「おおかみ」』書き下ろしました≪

出産記録⑥子宮口全開!いざ、尋常に勝負!

さて。
いつの間にか全開になっていた子宮口(笑)

出産記録⑤麻酔投入!そして予想外の…出産記録⑤麻酔投入!そして予想外の…

(いよいよ、ちゅっちゅに会えるのかーーー!!(((o(*゚▽゚*)o)))♡)

イキみ逃しをしつつ張り切っていると、
看護師さん(助産師さん?)が寄ってきて一言。

看「森原さん、旦那さんに電話できそうですか?」
森「…………あ、ハイ」

やべ。忘れてた(笑)←

その日旦那は出勤していて、
事態が動いたら連絡する予定でした。

(でももう生まれそうだし…
立ち会ってほしかったけど、難しそうだな(´・ω・`))

先ほどまでの陣痛と戦っていたこともあり、
ややかすれた声で一応電話。

PPPPPP…

森原「あ、もしもし」
旦那「はいはい。様子はどう?」
森「うん。あのね、もうお産になるみたいなんだよね」
旦「…………へっ?(´⊙ω⊙`)」

さっき前回を伝えられた時の森原と同じ反応。
うん。そうなるよね(笑)

森「なので、とりあえず来れそうだったら来て下さい。
でも無理しなくてもいいので〜〜(・∀・)」

通話終了。

そんな気の抜けた電話に、
視界の端の看護師さんが笑ってました(笑)

そして何やらお医者さんやら助産師さんやらが出産準備?をしているのを、
分娩台の上でイキみをこらえながら待っていた森原。

医「よーし、それじゃあいきもうか!!(・∀・)b

お医者様からのお許しもいただき、
いざ、尋常に勝負―――となったのです!(笑)

つづく

森原すみれ

同じカテゴリー《子育て》の記事もチェックする?

おすすめの記事をチェックする?