≫5/31 小説「芽吹と息吹」完結≪

赤ちゃんと飛行機。事前準備で快適フライト!

赤ちゃんと飛行機に乗る――…
それはパパママにとってかなり難関ミッションですよね…!( ー`дー´)キリッ

それでも、諸々の事情でいつかは訪れるミッションでもあるわけでして。

ということで今回は、
赤ちゃんと飛行機に乗る際の《オススメ事前準備》についてまとめてみました!

飛行機の予定を控えている方の参考になれば幸いです☆

赤ちゃんと飛行機に乗る時に大変なこと

まずは、パパママが頭を抱える問題を整理してみましょう。

  • 搭乗手続きがスムーズにいくか心配…
  • 飛行機内で周りに迷惑をかけないか心配…

大きく分けて、この2つじゃないでしょうか?(∩´∀`)∩

というわけで、
この2点をなるべくスムーズに解決する方法をご紹介します♪((((oノ´3`)ノ

搭乗手続きをスムーズにするための準備

①早めに空港に到着しておく

地味ですが1番大切なポイントですね(*^^)v

時間にゆとりをもって空港につけば、

荷物の預け入れ・おむつ替え・キッズスペースでの遊びなど、
穏やか~に終えることができます♪

ご飯や昼寝のタイミングを考えつつ、
家を出る時間は事前に作戦を練っておきましょうね!( ー`дー´)キリッ

②子ども用のバーコードをさっと出せる場所に保管する〔2018/9/1追記〕

荷物を預け、保安検査場へ。

今はほとんどの方が、
スマホに表示させたバーコードで通過するのではないでしょうか(●´ω`●)

ここでひとつ、重要なポイント!!

ここで受け取る、搭乗案内のレシート。

実はその下部分は、《子ども用》のバーコードになっているんです!(∩´∀`)∩

保安検査場を通過する時とは違って、
飛行機に乗る時は、《大人用》バーコード《子ども用》バーコードが必要になります!

鞄の奥深くにしまい込まず、
サッと取り出せるようにしておいて下さいね~!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

③「乳幼児をお連れのお客様」の優先搭乗を逃さないようにスタンバイ

保安上も無事に通過したし、さあちょっとトイレ…と思っていたら、

いつの間にか優先搭乗が始まっていた~なんてこと、実はよくありますよね(笑)(;^_^A

優先搭乗は、他のお客さんより先に機内に入れるサービスです♡

ここを逃すと、人がたくさんひしめく中で、
子どもを抱えつつ、席を探して荷物をしまって…と、
とっても大変!(;∀;)

優先搭乗のタイミングは、大体離陸時間の15~20分前
是非逃さないようにしてくださいね~!


スポンサーリンク

機内で周囲に迷惑をかけないための準備

①機内では寝ててもらう

何といってもこれですね!(笑)
機内で寝ててもらえれば、パパママはめっちゃ楽♡穏やかな空の旅~♡

とはいえ、いつもと違う環境ですんなり眠れない赤ちゃんもいるはず。

そこで、できる限り赤ちゃんに眠っててもらう方法をまとめてみました!(●´ω`●)

直前に寝かせない

まあ、そうはいっても寝る時は寝ちゃうんですよね(笑)

少し眠たそう…そんな時は、

移動中外の風景を見せたりとか、
おもちゃで遊ばせるとかで気を引くといいですね!

…まあ、そうはいっても寝る時は寝ちゃうんですよね(笑)←2回目

空港内でたくさん動いてもらう

さて、空港に着いたら、なるべく赤ちゃんを遊ばせてあげましょう!

適度に疲れてくれると、
機内ですやあっと寝てくれる可能性が高まりますよ♪( ˘ω˘)スヤァ

遊ばせる方法としては、

  • 歩ける子は、その辺りをゆったり散歩してくる
  • 港内のキッズスペースで遊ばせる

以上が定番ですね。

最近は、キッズスペースもとても充実していますよね☆

主な空港のキッズスペースについては、

こちらのリンク先よりご確認くださいね(∩´∀`)∩

離陸と同時に授乳(授乳で寝てくれる子向け)

離陸と同時に授乳!
こちら、授乳で寝てくれる赤ちゃんにオススメです(笑)(´ω`)

気軽に動けない機内で、ストレスフリーで授乳するために、
授乳ケープを用意するのもいいですね♪

森原が購入した授乳ケープです(*^^)v

授乳する時に、前後きにせず「かぽっ」と被れば準備完了!
透けないけれどとても薄い生地で、
持ち歩きも便利です♪((((oノ´3`)ノ

おしゃぶりを利用

おしゃぶりの利用については賛否あるかと思いますが、
使う頻度に気を付ければとても心強いアイテムの1つ!ヾ(≧▽≦)ノ

特に、眠りたいけど眠れない…!
イライラでヒートアップしそうな時には、

おしゃぶりパワーで一瞬で眠りの世界へ突入できます(笑)°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°


スポンサーリンク

②機内でご機嫌でいてもらう

お気に入りのおもちゃ(音無し)を利用

周囲の方に迷惑にならないよう、
音のならないおもちゃを準備しておきましょう!

例えば、
お気に入りのぬいぐるみ歯固めシールブックなどですね♪(*^^)v

また、即席おもちゃとして「ペットボトル500ml」なんてのもオススメです♪
予想以上に食い付いてくれますよ♡(´ω`)

マグ準備(水分補給・耳抜き)

飛行機内では気圧の関係で、
耳が「ぽこっ」と苦しくなることがありますよね。

赤ちゃんの場合、不快で泣いてしまうことも…(ノД`)・゜・。

簡単に「耳抜き」するためにも、マグ準備は必須です!

おやつ準備

少しご機嫌斜めになりだしたら、
タイミングを見計らっておやつをあげてもいいでしょう♡

機内を汚さないように、ビニル袋をスタンバイさせておくと便利ですよ(∩´∀`)∩

③愚図ってもすぐにあやせる環境にいる

後方&通路側の席を予約する

後方の通路側の席――やはり、ここが1番オススメ!( ー`дー´)キリッ

万一ぐずっても、
後方の小さなスペースに移動して抱っこできるし、

人の視線も、比較的気になりません(笑)(;^ω^)

客室乗務員の方も近くにいますので、
手助けが欲しい時にすぐ対応してもらえるのも嬉しいですね♪

④赤ちゃんがいる席を他の予約の方に知らせておく

日時が決まったら、早めに予約を済ませておく

JALではWeb予約画面で席を決める際、
赤ちゃんがいる席には《赤ちゃんマーク》が表示されるのをご存知ですか?

(他の航空会社でもあるかもです。JAL以外乗ったことがなくて…(笑)(;^ω^))

つまり、早めに席を予約することで、
他の予約の方に、

「この席は赤ちゃんがいますよ」

と前もってお伝えできるんですね!(●´ω`●)
そうすることで、

「赤ちゃんの泣き声は苦手だから、この席からは少し離れておこう」

なんて、他の方も考慮してくださるんじゃないかな…と(笑)°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

もちろん赤ちゃんがぐずったら全力でなだめるのは変わらないんですが、

少しでもお互い気持ちよくフライトを過ごすために、
気を付けておきたいポイントですね!

少しのコツで、パパママベビーも快適なフライトを♪

というわけで、
今回は赤ちゃんと飛行機に乗る時の《オススメ事前準備》をお送りしました!(∩´∀`)∩

せっかくの遠出ですから、
飛行機でも楽しい思い出を残したいですよね☆

少しでもお役に立てればと思います。

赤ちゃんと飛行機。息子0歳&1歳時の体験談まとめ。 赤ちゃん連れでホテル泊。ポイントを抑えて素敵な思い出を♡

森原すみれ

同じカテゴリー《子育て》の記事もチェックする?

おすすめの記事をチェックする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*