1/8up 骨格ストレートのアイテム発掘レポ

骨格ストレート向け、秋服に必須な『カーディガン』選びのポイント。

こんにちは、森原です。

ようやく夏の猛暑が遠のいて、
少しずつ夏服から秋服へ移行を考え始める頃ですね

というわけで今回は、

骨格ストレートさん向け『カーディガン』の選ぶポイント
お伝えしたいと思います!

秋に大活躍するカーディガンを新調するときの、ご参考にどうぞ

骨格ストレートさんの『カーディガン』選びのポイント

首元:Vネックorドレープ(ボタンのない前開きタイプ)。

デコルテ部分に厚みのあるストレートさん。
クルーネック(首元が丸いもの)だと、首が詰まって苦しそうに見えがち…。

首元が広く開く、

  • Vネック
  • ドレープカーディガン(ボタンのない前開きタイプ)

こちらだと、すっきり着やせして見えますよキラキラ

素材感:きれいめなもの。ニットは、細かく編まれたハイゲージもの。

網目の粗いニットカーデは、
ストレートさんは着ぶくれの可能性があります…

細かく編まれたハイゲージものや、きれいめデザインがおすすめですよ

着丈:腰骨にかかる丈orロング丈

腰にかかる丈

まずはベーシックな『腰骨にかかる丈』!
ストレートさんお得意のきちんと感もありますね。

ロング丈

加えて、『ロングカーディガン』もオススメです!

ストレートさんは上重心なので、
下に重きを置いて全体のバランスがとれますし、

ストレートさんのお得意の『Iライン』を簡単に作れますよ

関連ページ:骨格ストレートはどうして、シンプル・Iライン・上質素材が似合うの?

骨格ストレートはどうして、シンプル・Iライン・上質素材が似合うの?

森原

さらに個人的な見解を言うと、
ロングカーディガンの『ひざ裏丈』がベストです。

床に付きそうなマキシ丈は、カジュアル感がすこし強いかもしれません。

逆にお尻にかかるほどの丈だと、
メリハリボディの一部、お尻の出っ張りが強調されてしまいます…!(※実体験済み(笑))

その他の似合わせポイント

ここからは、似合わせポイントをダイジェストでお送りします

  • 肩から脇にかけて、垂直に切り替えされているもの。
  • デザイン性のないすっきりデザインのもの。
  • 腰すそがリブ(ゴムのようになっている縦筋)になっていないもの。

スポンサーリンク

(参考)森原が持っているプチプラカーディガンと個人的評価

最後に、森原が持っているカーディガンとその評価をお伝えしたいと思いますキラキラ

森原

100%ストレートさん向けのアイテムではありませんので、
ご了承下さいませ。…!(笑)

無印良品【ウールシルクロングカーディガン】

シンプルど真ん中のロングカーディガン!
ハイゲージできれいめです。

ウールシルクロングカーディガン〔LOHACOサイト〕

ユニクロ【エクストラファインメリノVネックカーディガン(長袖)】

こちらもシンプルの腰丈カーディガン。

ただ、腰部分がリブになっているので、
ボタンを閉じるとやや着ぶくれ気味になる…かも?

森原は、前のボタンは留めずに愛用しています。

まとめ:春秋冬に大活躍のカーディガンを楽しもう!

というわけで、
今回は骨格ストレートさん向けカーディガンのポイントをお伝えしました。

カーディガンはとても便利なアイテムなので、
ベーシックな色と差し色の両方を持っておきたいアイテムですね

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

森原すみれ

関連ページ:骨格ストレートに『ロングカーディガン』を強く!おすすめする理由。

骨格ストレートに『ロングカーディガン』を強く!おすすめする理由。

関連ページ:骨格ストレート向け「カーディガンが似合わない!」の解消法。

骨格ストレート向け「カーディガンが似合わない!」の解消法。

『骨格ストレート』に関連する記事

他の《骨格診断》の記事もチェックする?

おすすめの記事をチェックする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*