≫5/31 小説「芽吹と息吹」完結≪

ゆうパック・ヤマト運輸・佐川急便。大手配送業さんをママ目線で比較しました。

こんにちは、森原です(∩´∀`)∩

東京に引越ししてからというもの、
地元あてに荷物を送る機会が増えてきました!(笑)(:3 」∠)

引っ越し前は通常郵便以外送るのは稀だったので、
いつもアタフタしながら利用しています…(笑)(;^ω^)

そしてふと気になり始めたのが、

森原

有名3社だとどこが1番使いやすいんだろう?

…ということ!

そこで今回は、

《ゆうパック》《ヤマト運輸》《佐川急便》の3社を、
いろんな面から比較した結果を公表します!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

ゆうパック・ヤマト運輸・佐川急便の3社を比較!

①送料

例)東京から北海道まで3辺合計60cmまでのものを送るケース

  • ゆうパック→1280円
  • ヤマト運輸→1339円
  • 佐川急便 →1188円(最安)

例)東京から北海道まで3辺合計80cmまでのものを送るケース

  • ゆうパック→1500円
  • ヤマト運輸→1555円
  • 佐川急便 →1458円(最安)

例)東京から北海道まで3辺合計100cmまでのものを送るケース

  • ゆうパック1730円(最安)
  • ヤマト運輸→1793円
  • 佐川急便 →1793円

意外にも、3辺の合計によって、
結果が変動するみたいですね…!(。-`ω-)

ちなみに、
ここからさらに割引になる場合があります♪(●´ω`●)

  • ゆうパック→持込割引(120円割引)・同一宛先割引(60円割引)・複数口割引(60円割引)あり
  • ヤマト運輸→持込割引(100円割引)・クロネコメンバー割(最大15%割引)
  • 佐川急便→持込割引(100円割引)・数量割引(個数により10~30%割引)

森原

割引には条件がありますので、
詳細は各社公式HPをご覧下さいね☆

スポンサーリンク

②日数

ひとまず下の例題をもとに算出しました!(∩´∀`)∩

例)東京から北海道まで3辺合計100cmのものを送るケース

  • ゆうパック→2日後(配達時間帯希望あり
  • ヤマト運輸→2日後(配達時間帯指定あり
  • 佐川急便 →2日後(時間指定サービスあり

はい。こちらは、ほぼ変わらずですね(笑)

③全国の店舗数

  • ゆうパック24008局(2018/8/31現在)
  • ヤマト運輸→7240事務所(20180918掲載分)
  • 佐川急便 →426営業所(2018/9/1現在)

事務所形態など、若干性格が違うかもしれませんが、
一応比較してみました(笑)(;^ω^)

こう見てみると、
やっぱり郵便局の数が群を抜いていますね!(@ ̄□ ̄@;)

森原

ただ、今はコンビニに持込できる時代ですから、
あまり参考になりませんかね…?(笑)

④コンビニ(発送)の取扱い

…というわけで、
コンビニで差出ができるか否かがこちらです!ヽ(^o^)丿

  • ゆうパック→ローソン、ミニストップ、セイコーマート他
  • ヤマト運輸セブンファミマサンクス、ココストア、ニューデイズ、デイリーヤマザキ、ポプラ、セーブオン、ロッカー他
  • 佐川急便 →営業所のみ

ここで大きく差をつけたのが、ヤマト運輸でした!

取扱いコンビニの差って、ここまで大きかったんですねー!(@ ̄□ ̄@;)

上記全てのコンビニが受け付けている訳ではありませんが、

行きつけのコンビニで用事が済めば、
本当に助かりますよね♡(*^^)v

⑤伝票の入手先(※集荷の時を除く)

  • ゆうパック→自宅で『印刷』or郵便局、取扱いコンビニで『もらう』
  • ヤマト運輸→直営店、自宅で『印刷』or直営店、取扱いコンビニで『もらう』
  • 佐川急便 →自宅で『印刷』or営業所で『もらう』

調べてみると、今では各社、
自宅で印刷できるサービスを実施しているようですね!(`・ω・´)ゞ

確かに、子連れだと荷物を運ぶのも一苦労なのに、
出先で伝票記入をするのは本当に大変なんですよね…!(笑)(;^ω^)

かといって、

一旦伝票をもらいに行って、
家で書き込んで、
また再び足を運ぶのは…うーん、面倒くさい…!(:3 」∠)

そこで役立ちそうなサービスが、
《自宅で伝票をプリントできる》サービスですね♡


スポンサーリンク

⑥伝票を自宅プリントするサービス

  • ゆうパック→《Webゆうパックプリント》アカウント作成後、ウェブ上で伝表作成。
  • ヤマト運輸→《送り状発行システムC2》クロネコメンバーズ登録後、ウェブ上で伝表作成。その他、アプリでも。
  • 佐川急便 →《e飛伝Web》アカウント作成後、利用申し込み、専用送り状を受取り、ウェブ上で伝表作成。その他利用条件有り。

各社公式HPをざっと確認したところ、

ゆうパックヤマト運輸の2つは、
登録後すぐに、印刷サービスを利用できるようですね♪

(佐川さんは専用送り状の受取りに数日かかるそうです)

森原

そして森原、ゆうパックの《Webゆうパックプリント》
実施に使ってみました!

《Webゆうパックプリント》を利用した感想は、

伝票を書く手間が省けるって、
こんなに楽なんだなぁ…と(笑)°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

住所登録することもできるので、
また同じ住所あてに送る時は入力の手間も省けますよ♪

森原

ただ、出すのがあんまり楽すぎて、
同一宛先割引(60円割引)を利用し忘れました…
うう、やってしまった(笑)

独自評価:価格重視ならその都度確認!あとは自宅から一番近い場所♡

ざっと調べた上で、
3社のメリットを挙げてみると…

  • ゆうパック→値段まあまあ低め。割引が多い。郵便局が多い。伝票の自宅印刷が使いやすい。
  • ヤマト運輸→取扱コンビニが多い。2日後から時間指定可能。伝票の自宅印刷が使いやすそう。
  • 佐川急便 →サイズによっては値段低め

…以上になります♪(∩´∀`)∩

その他細かなサービスの違いもあると思いますので、

まずは近所で取り扱いのあるサービスを、
確認してみてくださいね(●´ω`●)

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

森原すみれ

同じカテゴリー《ライフ》の記事もチェックする?

おすすめの記事をチェックする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


*